ヘルシーファン.ねっと

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

かゆみがつらい!頭皮湿疹の原因と対策法とは?

頭皮に湿疹があると、かゆみを起こしたり、フケの原因となるため、できるだけ早く治したいものです。

その頭皮湿疹には種類があり、それぞれ原因が違ってきます。

それでは、その原因とは何なのでしょうか?

ここでは、頭皮湿疹の原因や特徴や対策法などを解説していきます。

 

f:id:master3954:20170701121655j:plain

 

頭皮湿疹の種類や原因

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂の過剰分泌が深く関係しており、マセラチア菌という菌が増えることによって起きる皮膚炎になります。

このようなことから脂漏性皮膚炎は、頭皮や鼻の辺り、耳やおでこなど、皮脂の分泌が多くなりやすい部分に起こりやすくなっています。

フケの量が多かったり、頭皮以外にも鼻の辺りやおでこがベタついたり、赤みを帯びていたり、痒みがある場合は脂漏性皮膚炎の疑いがあります。

 

皮脂欠乏性皮膚炎

皮脂には肌を守る働きがあり、バリアのような役割を果たしています。

しかし、皮脂の分泌が少なくなると皮膚が乾燥しやすくなり、バリア機能は衰えてしまいます。

また、過剰にシャンプーなどをすることも頭皮が乾燥する原因になります。

このように頭皮が乾燥してしまうと、フケが多く出やすくなります。

そして、バリア機能が衰えることにより、外からの刺激に対して弱くなります。

そのため、ちょっとの擦れなどの刺激でかゆみや赤みが出てしまいます。

かゆみに我慢できずにかいてしまうと、皮膚は傷つき、さらに症状は悪化してしまいます。

皮脂欠乏性皮膚炎は、乾燥しやすい冬や過剰のシャンプーにより起こりやすい症状になります。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、異物と感じる物が体内に入ることによりアレルギー反応を起こす皮膚炎になります。

バリア機能が低下していて皮膚が弱くなっているので、外部からの刺激に弱くなっています。

そのため、刺激のあるヘアケア用品や紫外線や雑菌などでもかゆみが起こります。

かゆみが酷く治りにくいため、頭皮を頻繁にかいてしまい、皮膚が生まれ変わる機能であるターンオーバーが正常に機能しなくなります。

また、かくことにより頭皮が傷ついてしまうため、リンパ液による黄色っぽいかさぶたや、血液による赤っぽいかさぶたができることもあります。

 

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は、アレルギー反応で起こることからアトピー性皮膚炎に似ていますが、それとは異なる症状になります。

接触性皮膚炎は、身体に毒となるような物質に触れることにより反応し、引き起こします。

そのアレルギーによる原因は人によって異なり、植物や金属、化粧品やシャンプーなどの刺激を与える物質が原因となります。

頭皮の湿疹はヘアケア用品が原因になることが多く、シャンプーやトリートメント、整髪料やヘアカラーなどで頭皮湿疹になってしまう場合があります。

 

f:id:master3954:20170701121827j:plain

 

特に肌が弱い敏感肌の方は、接触性皮膚炎になりやすいため、注意するようにしましょう。

そして、元々肌が弱くなくても、肌の調子が悪いとバリア機能は低下するため、接触性皮膚炎を引き起こしやすくなります。

アレルギー反応が原因となるため、接触性皮膚炎の原因となっているシャンプーなどの使用する度に、頭皮湿疹が起きてしまう場合もあります。

 

頭皮湿疹の対策法

頭皮湿疹の対策法は、頭皮湿疹の種類によって違ってきます。

脂漏性皮膚炎の場合は、抗真菌剤や炎症を鎮める薬を使用することが多く、症状が酷い場合はステロイド剤や抗ヒスタミン剤を使い症状を緩和させます。

 

次に接触性皮膚炎の場合は、アレルギーの原因を特定するために、パッチテストなどで原因を探ります。

頭皮に起こる接触性皮膚炎の多くは、整髪料やヘアカラーなどに含まれている成分が原因となっています。

そのため、パッチテストなどでアレルギーの原因を知ることにより、頭皮湿疹が起こるのを回避することができます。

 

次にアトピー性皮膚炎の場合は、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返すため、症状が現れたら速やかに専門の病院に行くことが大切になります。

そして、ステロイドや免疫抑制外用薬で治療をしていきます。

 

次に皮脂欠乏性皮膚炎の場合は、病院で保湿剤による治療が行われます。

炎症でかゆみが強い時は、ステロイド剤を使用することもあります。

 

頭皮湿疹で気を付けること

頭皮湿疹の方は、シャンプーのしすぎは良くありません。

良くないどころか、悪化する可能性が高まります。

そのため、「かゆみがあるから」や「フケの量が多いから」と言って、シャンプーで頭を洗いすぎるのは逆効果となります。

 

f:id:master3954:20170701123954j:plain

 

髪を洗うのは1日や2日に1回とし、シャンプーやリンスが残らないようにしっかりと洗い流すようにしましょう。

そして、それらで症状が悪化する場合は、使用しないようにしましょう。

ヘアケア用品を見直したり、洗髪しすぎないようにしたり、頭皮環境に気を使うなど、頭皮湿疹対策をして改善しない場合は、速やかに専門の病院で診てもらってください。

 

まとめ

頭皮湿疹になるとかゆみを引き起こすため、我慢できず頭皮をかいてしまいます。

その動作が頭皮を傷つけ、さらに症状を悪化させてしまいます。

頭皮湿疹を改善させるために、日頃使用しているヘアケア用品や生活習慣を見直すことも大事ですが、症状が酷い場合は速やかに専門の病院に行きましょう。

また、頭皮湿疹が気になり、強い不安に襲われている方も病院に行くことをオススメします。