ヘルシーファン.ねっと

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

夏バテ対策 の効果的な方法とは?暑さに負けずに夏を乗り切るには

現在の夏はとても暑く、昔と比べると夏バテになりやすいと言えます。

そして、活発的に動くためにも、 夏バテ対策 が必要になります。

それでは、 夏バテ対策 に効果的なこととはどのようなことなのでしょうか?

ここでは、その効果的な対策や夏バテになる原因などを解説していきます。

 

f:id:master3954:20170623150020j:plain

 

夏バテの症状について

夏バテは夏にバテることですが、バテることにより様々な症状を引き起こしてしまいます。

一般的な夏バテの症状は、疲れが取れにくくなることによる疲労の蓄積や倦怠感と、食欲が落ちることになります。

夏は冷たい物が欲しくなるため、冷たい物を摂り過ぎてしまうことがあります。

冷たい物の摂り過ぎは胃腸の機能を低下させてしまうため、下痢や便秘を起こす可能性が高まります。

また、食欲が落ちることにより栄養不足になると、立ちくらみやめまいや風邪にも繋がってしまいます。

それらの症状以外に、精神面にも影響を及ぼすことがあります。

それは、食欲がなくなることにより、自律神経のバランスが崩れるためです。

そのため、精神が不安定になり、イラついたり、無気力になったりすることもあります。

そして、自律神経のバランスの乱れは、先程説明した立ちくらみやめまい、むくみや微熱や吐き気にも繋がります。

 

夏バテになる原因とは?

辛い暑さの影響によりバテやすくなりますが、その原因はいくつかあります。

その原因の一つは、食欲が低下することになります。

暑いと食べ物を消化する働きは低下してしまい、食欲が落ちてしまいます。

そして、栄養の吸収率も低下するため、栄養不足に陥ります。

また、冷たい飲み物や食べ物を多く摂ることによって、胃腸の働きが低下してしまうので、夏バテになってしまいます。

そして、原因の二つ目は、体内の水分とミネラルが足りなくなることです。

夏はとても暑いため、エアコンが効いている場所など涼しいところに行かないと、常に汗をかいている状態になります。

そのようになると、当然汗をいっぱいかき、水分とミネラルを失ってしまいます。

そのため、脱水症状を起こしやすくなり、それが夏バテに繋がってしまいます。

そして、原因の三つ目は、自律神経のバランスが崩れることです。

現在の夏は昔よりも暑くなっていますが、エアコンのおかげで家の中やお店、ビルの中などは涼しくなっています。

そのように夏でも涼しい場所が多くあり、外との温度差が大きいため、自律神経のバランスが崩れやすくなり、体調を悪くしてしまいます。

 

夏バテ対策に効果的なこと

栄養バランスのとれた食生活

夏バテ対策には、しっかりと食べることが重要になります。

しっかり食べるといっても、冷たい物やさっぱりとした物ばかり食べていてはいけません。

栄養バランスのとれた食事をしっかりと摂ることが大切になります。

タンパク質やビタミンやミネラルなど、バランスよく摂ることが夏バテ対策になります。

そのため、お肉や魚や野菜などをバランス良くしっかりと食べましょう。

 

f:id:master3954:20170624133947j:plain

 

その際、食べ過ぎる必要はないので、栄養バランスを考えて通常の量を食べるようにしてください。

また、栄養が足りていないと感じたら、青汁などで栄養を補うと良いでしょう。

そして、食べ物だけでなく、水分をしっかりと摂ることも必要になります。

夏は汗をかきやすいため、脱水症状になる可能性が高くなります。

そのため、意識して水分をしっかり補給することが大切であり、喉が渇く前に水分を摂ることが脱水症状の予防になります。

また、水分を1度にたくさん補給するのではなく、少量ずつこまめに水分を補給すると良いでしょう。

そして、汗をかくと水分だけでなくミネラルも失うため、スポーツドリンクや麦茶などの飲み物がオススメになります。

 

f:id:master3954:20170623150121j:plain

 

コーヒーや紅茶などカフェインが含まれている飲み物は利尿作用があるため、逆に水分が不足しやすくなります。

したがって、コーヒーや紅茶などカフェインが含まれている飲み物は控えると良いです。

 

睡眠をしっかりとること

睡眠をしっかりとらないと、疲労は蓄積されてしまいます。

そのため、睡眠不足なると体調を崩しやすくなります。

また、睡眠をとっていても睡眠の質が悪いと、疲れを効率的にとることはできません。

つまり、夏バテ対策には質の良い睡眠をとることが重要になります。

夏は暑くて質の良い睡眠をとることは難しいですが、エアコンや扇風機などを利用して、質の良い睡眠をとれる環境にしましょう。

 

f:id:master3954:20170623150201j:plain

 

しかし、エアコンの設定温度を低くしすぎては良くありません。

そのため、設定温度には注意し、タイマーを上手く利用するようにしましょう。

また、扇風機の風はなるべく直接体に当てないようにし、首振りにしたり、室内の空気が流れるようにすると、体に負担がかかりません。

これら以外にも、通気性の良い寝具を利用するなど、工夫するようにしてください。

 

適度な運動

夏バテ対策には、適度な運動をして汗をかくことも効果的になります。

適度な運動をすることにより、自律神経のバランスを整えることができるため、夏バテの予防になります。

また、運動により体力がつくことも夏バテの予防に繋がります。

しかし、現在の夏の日中は殺人的な暑さなため、比較的涼しい朝や夜に軽い運動をすると良いでしょう。

夜に運動する場合は、車など色々危ないので気を付けましょう。

 

まとめ

以上のように、夏バテ対策には、栄養・水分補給・睡眠・適度な運動が大切になります。

また、通気性の良い服装をしたり、エアコンの効いているオフィスなどで寒く感じる時は、腹巻やひざ掛けなどを使用し工夫することも大切です。

それでは、夏バテ対策を行い、暑い夏を乗り切りましょう。