ヘルシーファン.ねっと

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

食生活が大事! 脳梗塞 の 予防 に最適な食べ物と避けた方が良い食べ物

脳卒中とは、何かしらの影響で脳に流れている血液が流れなくなり、脳の神経細胞が死んでしまう病気のことをいいます。

その脳卒中には脳梗塞脳出血くも膜下出血などがあります。

どれも重い病気ですが、その中の脳梗塞は脳卒中の約65%占めており、脳梗塞の割合は高いと言えます。

健康的に長生きするには、 脳梗塞 を 予防 することが大切になりますが、どうすれば予防できるのでしょうか?

予防法は色々ありますが、ここでは食事による 脳梗塞 の 予防 法について説明していきます。

 

脳梗塞とは

脳梗塞とは、脳の血管が詰まり血液の流れが極端に悪くなったり、止まったりしてしまう病気になります。

血液は酸素や栄養素を運ぶ役割があるため、そのような状態になってしまうと、時間が経過すると共に脳にダメージが加わり、脳の神経細胞が死んでしまいます。

脳血管が詰まってしまう原因には、血栓性」「塞栓性」「血行力学性」の3種類あります。

血栓性とは、動脈が硬くなる動脈硬化により血管の中が狭くなり、その狭い血管内に血の固まりができ、脳血管が詰まってしまうことをいいます。

そして、閉塞性とは、心臓などでできた血栓が、脳の血管に飛んでいき、閉塞してしまうことをいいます。

次に血行力学性とは、脳の血管が狭いが、脳梗塞になっていない状態の時に、
血圧の低下や脱水症状などが原因となって、血液の流れが悪くなって起こることをいいます。

脳梗塞になると、顔や体が麻痺したり、感覚が低下したり、記憶や言葉の障害が起きたり、摂食障害が起きたりするなど、様々な障害を引き起こすので、普段の生活習慣を見直し予防することが大切になります。

 

f:id:master3954:20170609145914j:plain

 

日頃の食生活で脳梗塞を予防する方法

脳梗塞になってしまう原因は、日頃の生活習慣が大きく影響しているため、脳梗塞を予防するには生活習慣を見直すことが必要になります。

そして、糖尿病や高血圧、脂質異常症や肥満などの生活習慣病も食生活が影響しているため、身体に悪い食生活を送っている方は、食生活を改善する必要があります。

バランスよく栄養を摂り、規則正しい生活を送り、これから説明する脳梗塞を予防するために摂ったほうが良い食べ物や、避けた方が良い食べ物を参考にすると良いでしょう。

また、栄養をバランスよく摂ることが難しい方は、青汁などの健康食品を利用するのもおすすめです。

 

脳梗塞の予防を期待できる食べ物

脳梗塞の予防を期待できる成分に「DHA」「EPA」があります。

その成分は、中性脂肪やコレステロールを減らす作用があるため、脳梗塞の原因ともなる動脈硬化を予防する効果が期待できます。

 

www.healthyfan.net

 

DHAとEPAは主に青魚に豊富に含まれているので、アジやサバ、イワシやサンマなどを食べると良いでしょう。

 

f:id:master3954:20170609150010j:plain

 

また、DHAとEPAはサプリメントとしても販売されているので、青魚が苦手な方や食事に取り入れるのが難しい方は、サプリメントから摂ると良いでしょう。

そして、ビタミンEやビタミンC、ポリフェノールやアントシアニン、β-カロテンやリコピンなどの抗酸化作用がある成分も脳梗塞の予防に期待できます。

そのため、それらの栄養素が含まれている緑黄色野菜などを食べるようにしましょう。

 

f:id:master3954:20170609150114j:plain

 

これらの成分以外にも、食物繊維やカルシウムが脳梗塞の予防に期待できる成分になります。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類ありますが、水溶性の食物繊維は水に溶けるとゲルに近い感じになり、胃に入っている食べ物を覆うため、コレステロール値が上がるのを抑える働きがあります。

そのため、脳梗塞の予防にも繋がります。

次にカルシウムですが、カルシウムが足りなくなると、骨のカルシウムが溶けて血中に流れていきます。

血中にカルシウムが多く含まれていることにより、カルシウムが血管壁に蓄積され、血管が硬くなる動脈硬化が起きてしまいます。

そのため、カルシウム不足は脳梗塞の原因ともなるので、牛乳やチーズ、大豆や小魚などできちんとカルシウムを摂ることが大切になります。

 

f:id:master3954:20170609150147j:plain

 

脳梗塞に導く可能性のある食べ物

脳梗塞に導く可能性のある食べ物は、コレステロールが多い食べ物・インスタント食品・塩分が多く含まれている食べ物・お菓子などになります。

これらの食べ物は、食べるのは体に良くないということではありませんが、摂り過ぎると脳梗塞になる可能性が高くなります。

卵やバター、動物性脂肪が多く含まれたお肉など、コレステロールが多い食べ物を摂り過ぎると動脈硬化を引き起こす可能性が高まります。

 

f:id:master3954:20170609150229j:plain

 

また、インスタント食品やジャンクフードなどは、動物性タンパク質や脂質や塩分が多く含まれているため、食べ過ぎると脳梗塞に繋がる恐れがあります。

そして、塩分は人間の体に必要なものになりますが、塩分を摂り過ぎると血液中の塩分濃度は高くなり、高血圧を引き起こしてしまいます。

次にお菓子ですが、お菓子や清涼飲料水などは糖分が多いため、カロリーが高くなっています。

そのため、食べ過ぎると太りやすくなります。

高血圧や肥満も脳梗塞に繋がる恐れがあるため、これらの食べ物の摂取量には注意するようにしましょう。

 

まとめ

脳梗塞は血管の詰まりが影響しているため、日頃の食事を見直し、コレステロールや塩分や糖分の摂取量に気を使うことが大切になります。

そのため、食生活が乱れている方は脳梗塞になる可能性が高くなるため、注意しましょう。

また、お酒やタバコも脳梗塞の原因となりますので、喫煙している方は禁煙し、お酒が好きな方はアルコールの摂取量に気を付けると良いでしょう。