ヘルシーファン.ねっと

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

食生活を改善しよう! コレステロールを下げる食品 について

コレステロールは人間な体の中にある脂質の一種になります。

つまり、油です。

油といっても重要な役割があり、細胞膜やホルモンや胆汁酸の原料となっています。

しかし、そのような役割のあるコレステロールは、増えすぎると生活習慣病の原因となってしまいます。

そのため、健康を維持するには、 コレステロールを下げる ことも必要になります。

コレステロールを下げる方法は、食事や運動やサプリや薬などがありますが、ここでは コレステロールを下げる食品 について紹介していきます。

 

コレステロールを下げる食品

DHAとEPAが豊富な青魚

コレステロールにはLDL(悪玉)コレステロールHDL(善玉)コレステロールがあり、EPA」「DHA」にはLDLコレステロールと中性脂肪を下げる働きがあるといわれています。

そのEPAとDHAは青魚に多く含まれており、血液の中のLDLコレステロールを減少させる効果があります。

 

f:id:master3954:20170527145241j:plain

 

DHAには、血中に含まれている赤血球などの成分を柔らかくする作用があるため、血液をサラサラにし、流れを良くする働きがあります。

そしてEPAには、血管を柔らかくし、血管年齢が高まるのを防ぐ働きがあります。

また、赤血球の膜を柔らかくしなやかにするため、毛細血管などあらゆる部分に血液は流れやすくなります。これらの働きにより、コレステロールを下げ、動脈硬化などの生活習慣病を予防できる効果が期待できます。

そのため、コレステロールを下げたい方は、サンマやカツオ、イワシやサバなどの青魚を意識して食べるようにすると良いでしょう。

また、マグロは青魚と呼べない場合もありますが、トロの部分にはDHAやEPAが豊富に含まれています。

 

α-リノレン酸が含まれている食べ物

先程説明したDHAやEPAはオメガ3脂肪酸になりますが、α-リノレン酸」もオメガ3脂肪酸になります。

DHAやEPAは、そのα-リノレン酸によって体内で合成されるため、α-リノレン酸が含まれている食べ物はコレステロールを下げる効果があります。

また、リノール酸という成分を多く摂ると、アトピーのようなアレルギー症状を引き起こすといわれていますが、そのリノール酸の悪い働きを抑える効果がα-リノレン酸には存在します。

その他にも、高血圧や血栓を予防する働きがあるため、日々の生活習慣が原因となる生活習慣病の予防に期待することができます。

α-リノレン酸は、くるみ・えごま油・亜麻仁油・キャノーラ油・大豆油・チアシードなどに多く含まれています。

このように油が多いですが、油の摂り過ぎは身体に毒となるので気を付けましょう。

くるみやピーナッツなどは、他の食品に比べ手軽に食べることができるので、とりやすいと思います。

 

f:id:master3954:20170527145324j:plain

 

水溶性食物繊維が含まれている食べ物 

食物繊維には水溶性食物繊維不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で、善玉菌の餌になります。

それに対し不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維で、便のカサを増し、腸のぜんどう運動を促進させます。

このように食物繊維といっても2種類あり、働きは異なります。

そして、水溶性食物繊維には塩分やコレステロールの吸収を抑制する効果があります。

それは、食物繊維が水に溶けることによってジェルのようになり、胃の中の食べ物を覆うためです。

そのようにして、脂肪の吸収を抑えるため、中性脂肪やコレステロールを下げる働きが見込めます。

また、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂ることで、便秘を解消し、腸内環境を改善することができます。

水溶性食物繊維は、エシャロット・ごぼう・アボカド・にんにく・明日葉・山芋・オクラ・きのこ類・海藻類・納豆などに多く含まれています。

 

f:id:master3954:20170527145406j:plain

 

ビタミンEが含まれている食べ物

ビタミンEは美容効果の高い栄養素であり、強い抗酸化作用があることから美容に良い働きがあります。抗酸化作用というのは、老化の原因となる活性酸素の発生を抑える作用のことをいいます。

そのビタミンEの抗酸化作用は、コレステロールが活性酸素によって酸化するのを防止する働きがあります。

コレステロールや中性脂肪は、活性酸素で酸化されると過酸化脂質という物質に変わります。

この物質は動脈硬化や癌や老化などの原因となります。

ビタミンEには、コレステロールの酸化を防ぐ働きがあるため、そのような生活習慣病を予防する効果が期待できるのです。

ビタミンEは、アーモンド・ヘーゼルナッツ・鮎・ニジマス・鰻・カボチャ・大根の葉・赤ピーマンなどに多く含まれています。

 

f:id:master3954:20170527145733j:plain

 

まとめ

コレステロールを下げる食品は以上説明した以外にも、ナットウキナーゼやタウリン、ビタミンCやビタミンB群やクエン酸が含まれている食品なども有効になります。

ナットウキナーゼは血栓を溶かす働きがあり、タウリンやビタミンCはコレステロールを胆汁酸にすることをサポートします。

ビタミンB群は様々な良い効果があり、その中のビタミンB2にはコレステロールを下げる効果があります。

そして、クエン酸は、生きるためのエネルギーとして、脂肪を燃焼させる働きがあるため、コレステロールを下げることに繋がります。

コレステロールが気になる方は、この記事で紹介した食べ物を上手に取ると良いでしょう。