楽しい人生を送るための健康生活情報ブログ

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

今、急増している?統合失調症になる原因やその症状について

あなたは統合失調症をご存知でしょうか? 

過去には「精神分裂症」との病名がついていた病気であり、近年、統合失調症」と新たに名前が変更されました。

統合失調症は神経伝達や脳のなんらかの異常によって起こるとされており、100人に1人くらいの割合でかかる病気とされています。

意外にも私たちにとって身近な存在に思えてくる割合ですね。

今回はそんな統合失調症が一体具体的にどんなものなのか?症状は?原因は?対処法は?などなど、

様々な疑問を解決するべく、詳しくまとめてみましたので、さっそくご覧ください!

 

統合失調症とは

統合失調症とは、思考の低下や幻覚、また妄想などが症状として現れ始める精神疾患のことをいい、明確な原因がまだ解明されていない病気の一つです。

日常生活による人との交流や就職、または結婚、受験など、人生において大きな転機に直面した際にかかりやすいとも言われていますが、それが直接的な原因になるとは考えにくく、あくまできっかけに過ぎないと言われています。

 

f:id:master3954:20170428173815j:plain

 

統合失調症による症状や進行

一口に統合失調症と言っても、症状は大きく2つに分かれます。

陽性症状

幻覚・妄想などと言った、比較的目立った症状のことを言い、他人から見て明らかな矛盾や間違いなどが見えたとしても、本人にはそれが理解出来ない(したくても出来ない)ことが多く、それが正しいことだと誤った認識をしてしまうことなどがあげられます。

幻覚などの症状としては、そこに何もないのにも関わらず何かが見えてしまったり、室内・外出時に限らず、聞こえないはずの幻聴などが聞こえたりすることも。

 

f:id:master3954:20170429114602j:plain

 

また、幻覚・げんちょうのみならず、あるはずのない臭いを感じてしまったり(幻臭といいます)することもあり、客観的には理解しがたい症状が多く出ることが特徴です。

また、それに伴い思考が混乱してしまうため、相手が何を話しているのか理解出来なくなってしまったり、会話をしていても自分が何を話しているかわからなくなっていったりと、会話のつじつまが合わなくなることも。

陰性症状

陽性症状の逆の陰性症状とは、周りに関心がだんだんと無くなっていくことで自分自身も無口になっていき、周りとの交流を遮断していってしまいます。

そのため徐々に感情が表に出なくなっていき、自身でも喜怒哀楽を感じにくくなってしまうため、自閉的になり、社会に出ることも困難になっていき、ひきこもりになっていくことが多いのが特徴です。

また、日常生活において本来欠かすことのない「入浴」や「食事」、「着替え」や「洗顔」などを自発的に行うことが困難になっていくため、家族や同居人からの指示などがないと実行しなくなっていってしまいます。

 

統合失調症はどんな人に起こりやすい?

統合失調症は明確な原因がわかっていないため、一概にこういった人に起こりやすい、などの断定は出来ません。

しかし、傾向として以下のような人になりやすいことがわかっています。

■身内からの遺伝

■ストレスを抱えやすい環境下にいる

■臆病で内気であったり、恥ずかしがり屋である

■出産時にトラブル等があった場合

このように、例えば日々ストレスを抱えて生活している人がいたとしても、その人がストレスに対応力のある脳を持っていればさほど問題ありませんし、ストレス発散が上手くできる環境下にいれば問題視はされません。

しかし、人の脳には個人差がありますから、ストレスに対して脳が脆弱性であり、なおかつ日常生活でストレスを上手く発散出来ていない方は、要注意群と言えるでしょう。

また、もともと大人しい性格で臆病であり、人との交流が少ない人も実は要注意。

人との交流は会話を生み出しますから、脳を活性化させます。

これが極端に無いと、自閉的になっていく原因となってしまいますから、統合失調症の前兆症状を引き起こす可能性が高いのです。

 

予防策・治療法は?

治療法について

病院などの医療機関で統合失調症と診断された場合、通院や入院などでの治療を行っていくことになります。

統合失調症は神経伝達の異常によって起こりますから、神経伝達の正常化に効果のある抗精神病薬の服用で治療を行っていくことが一般的です。

副作用を抑えるために睡眠薬や抗不安薬を併用して服用するケースもあります。

 

f:id:master3954:20170428181033j:plain

 

また、統合失調症は症状が良くなってきたと思って薬の服用を中断してしまったり、副作用によって薬を独断でやめてしまうことでの再発や症状の悪化などが多いのですが、対処法などの研究はどんどん進歩していますから、独断での中断は避けて、なにかあれば医師としっかり相談して、適切な服薬の継続を大切にしていきましょう。

このようにして、

前兆期

急性期

休息期

回復期

という、すべての期間を通して統合失調症は回復へと向かいます。

 

自分自身を大切にして、ストレスを溜めない生活を

いかがでしたでしょうか?

統合失調症は神経系の病気でもあるため、医学の力が必須となってきますが、それ以上に周りの方達の理解ある心のケアなども重要視されてきます。

ご家族や身内の方に統合失調症の方がいらっしゃる場合は、たとえご本人の言動に理解が出来なかったとしても、否定的な意見を向けないような対応をなさって下さい。

また、統合失調症をお持ちのご本人の方も、周りにサポートをしてもらいながら、服薬の継続や休養を十分に取って、焦らずに回復期へと向かっていって下さいね。