ヘルシーファン.ねっと

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

糖質制限による健康効果と体重が減る理由について

ご飯やパンなど糖質が多く含まれている食べ物を制限し、コントロールする糖質制限はダイエット効果が高いことで有名です。

そのため、糖質制限ダイエットを試みた人は多くいます。

そして、糖質制限はダイエットだけでなく、その他の様々な効果が期待できます。

それでは、その効果について紹介していきます。

 

f:id:master3954:20170404101253j:plain

 

糖質制限により期待できる健康効果

高血糖を防ぐ効果

糖質が多く含まれている物を食べると、血糖値は上がりやすいといわれています。

糖質は炭水化物に多く含まれているので、ご飯やパンやうどんなどを食べると血糖値は上がりやすくなります。

 

f:id:master3954:20170404101726j:plain

 

そのため、糖質が多く含まれている物を制限すると、血糖値は急に上がることなく、ゆっくりと上がっていきます。

そのように糖質制限をすると血糖値が急に上がらないことから、糖尿病に関係している食後の高血糖を防止する効果が期待できます。

糖尿病とは慢性的に高血糖の状態が続く病気になり、インスリンという膵臓から分泌されるホルモンが関係しています。

インスリンは血糖値を下げる働きのあるホルモンになります。

糖質を多く摂り過ぎると、血糖値を抑えようとインスリンが分泌されます。

しかし、毎日糖質を多く摂ることによって膵臓の機能は低下してしまい、インスリンを分泌する力はなくなっていきます。

そのため、慢性的に血糖値が高い状態が続くため、糖尿病になってしまうのです。

心臓病や脳卒中の予防効果

慢性的な高血糖は動脈硬化の原因にもなります。

動脈硬化とは動脈が硬くなることをいいます。

動脈が硬くなるので、血液の流れが悪くなり心臓に負担がかかります。

また、臓器などの機能が低下したり、臓器や細胞が死んでしまったり、血管が破れたりすることがあります。

そのため、動脈硬化が進行すると、心臓病や脳卒中などを引き起こす可能性が高くなります。

つまり、糖質制限をすることにより高血糖を防止できるので、これらの病気を予防することが期待できます。

その他にも、食事をした後の高血糖や血糖値の変化が大きいと、癌や認知症、老化の進行や糖尿病合併症になる可能性が高まるので、糖質制限をして血糖値が上がるのを抑制することは、これらの病気を防止することに繋がります。

 

糖質制限の食事の例

ご飯やパンやお餅、麺類や芋類などの炭水化物の主な成分は糖質であり、これらを制限する糖質制限の食事の例をいくつか紹介します。

まずは、ダイエットや炭水化物が好きな人にオススメの食事の仕方は、晩御飯だけ炭水化物を摂らない方法になります。

炭水化物を摂らないのは晩御飯のみなので、気持ち的に楽かと思います。

そのため、ストレスが溜まりにくく続けやすいといえます。

次に、糖尿病や肥満の人に効果的なのが、朝食と晩御飯だけ炭水化物を摂らない方法になります。

この方法は昼食に炭水化物を抜くことが難しい人にも向いています。

晩御飯の後は身体を休める状態に入っていることから、糖質は消費されにくいので、晩御飯に糖質を制限することにより、血糖値が高いままの状態になることを防止します。

次に、糖尿病や肥満を早く改善したい人に向いている食事の仕方は、3食全て炭水化物を摂らない方法になります。

糖質を摂らないと血糖値が急に上がることはないので、インスリンが分泌される膵臓を酷使することなく、糖尿病の改善やダイエット効果の期待を高くすることが期待できます。

しかし、糖質とは人間のエネルギー源となっていますので、糖質を全く摂らないと体調が悪くなる危険性は高まります。

そのため、朝、昼、晩と3食全て炭水化物を抜く場合は医師に相談すると良いでしょう。

 

f:id:master3954:20170404103832j:plain

 

糖質制限するとどうして痩せるのか

糖質制限することは痩せることに繋がりますが、そのことはインスリンという血糖値を下げる働きのあるホルモンが関わっています。

そのインスリンは、使用されなかった血糖を中性脂肪にする作用もあります。

その他にも、血中の中性脂肪を分解し脂肪滴を有する細胞内に蓄積させたり、その細胞内に蓄積した中性脂肪の分解を抑えたりする働きもあります。

これらのことにより、余分な血糖は皮下脂肪や内臓脂肪として現れます。

糖質を制限するとインスリンの分泌量が減少することから、血糖を皮下脂肪や内臓脂肪にする働きが抑制されるので、ダイエット効果が期待できるのです。

しかし、先程も話しましたが、完全に糖質を断つと危険なので、晩御飯のみ糖質を摂らないようにするなど、完全に糖質を断たないようにしましょう。

そのため、極端な糖質制限を行う時は医者の指示を仰ぎましょう。

 

まとめ

以上のように糖質制限すると様々な効果を得ることが期待できます。

しかし、極端な糖質制限のダイエットはリバウンドしやすく、健康を害する危険性があるので、おすすめできません。

そのため、糖質制限する場合は、糖質の多いケーキ屋やお菓子などは控え、ご飯やパンなどの糖質はある程度摂ると良いでしょう。