ヘルシーファン.ねっと

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

糖尿病予防にお茶が効く!?

あなたは「糖尿病」について意識して考えたことがあるでしょうか?

かかったことがない人や、身内に糖尿病の方がいない限りは、あまり身近に感じることの出来ない病気かもしれません。

しかし、そんな糖尿病、意外にも私たちの生活に身近に潜んでいるってご存知ですか?

今回は糖尿病についてから、糖尿病に効果を発揮するお茶について詳しくまとめてみましたので、ご覧ください。

 

糖尿病とは

糖尿病とは、簡潔に言うと「血糖値が高くなる病気」のことをいいます。

私たちの体内には「インスリン」というホルモンが存在しており、このインスリンは私たち人間の体内の血糖値を下げる唯一の働きを持っています。

インスリンは、私たちの身体に必要不可欠な「ブトウ糖」をコントロールしているホルモンでもありますから、インスリンがなんらかの原因で不足することで、本来私たちの身体に必要なブトウ等が細胞の中に運ばれなくなってしまったり、血液の中に溢れていってしまいます。

本来、細胞に送り込んでエネルギーに転換したり、脂肪に変えて体内に蓄えをしておくといった機能を発揮出来なくなってしまうので、全身のエネルギーが不足していってしまうのです。

以上のことが原因で次第に血糖値が上昇していき、高血糖になった状態が「糖尿病」となるわけです。

 

糖尿病の原因・症状

糖尿病の原因って?

糖尿病は、インスリンが不足することが大きな原因となっていることがわかりましたが、インスリンが不足する原因として、以下のようなことがあげられます。

・肥満
・運動不足
・動脈硬化
・遺伝
・ストレス

このように遺伝をのぞいては、日々の生活習慣で糖尿病を招く原因が潜んでいることがわかります。

糖尿病の症状

初期症状として、以下のことがあげられます。

・口が渇くことが多い
・多尿になった
・以前より疲れを感じることが増えた
・体重が減少傾向にある

 

お茶が糖尿病を防いでくれる!?

そんな糖尿病に、お茶が効果的ってご存知でしょうか?

一口にお茶といっても、お茶には色んな種類がありますよね。

お茶の中でも特に「緑茶」が糖尿病に効果的とされています。

 

f:id:master3954:20170313085745j:plain

 

その理由は、緑茶に含まれる「カテキン」にあります。

カテキンには消化酵素の働きを抑制させる働きがあり、この働きが血糖値の急激な上昇を防いでくれるのです。

また、お茶と糖尿病について様々な研究が行われており、その研究結果によると、緑茶を1日に6杯以上飲む人と、そうでない人とでは、緑茶を1日に6杯以上飲む人の方が、糖尿病の発症率が33パーセントも少ないといった結果が出ているのです。

また、海外の某大学の研究チームはマウスによる実験で緑茶について調べており、その研究結果によると、糖尿病のマウスに緑茶を摂取させ、運動をさせてみたところ、約2週間後には体重が約27%減少し、腹部脂肪は36.6%も減少したという結果が出ており、運動も踏まえた緑茶の摂取がより効果的とされることがわかっています。

 

カテキンが持つ様々な効果

●抗酸化作用

身体の中が酸化しないように(錆びないように)抑制してくれる働きを持ち、糖尿病リスクを軽減してくれます。

●抗炎症作用

身体の中で起こる様々な炎症を抑制する働きを持ちます。

 

緑茶の効果をさらに引き出すために

せっかく緑茶が糖尿病に効果をもたらすことがわかったわけですから、出来ればさらに効果のある飲み方をしていきたいところ。

一日何杯の緑茶が必要なのかなど、気になりますよね。

以下は、効果的な緑茶の摂取方法となります。

緑茶は1日7杯以上が効果的

1日に緑茶を7杯以上摂取すると、糖尿病に効果があると言われています。

摂取するタイミングは食事時、食後などがおススメ

食事を摂る際に同時に緑茶も摂取するとより効果的です。

また、食後に緑茶を摂取することもおススメ。

ジュースなどを控えて緑茶に切り替えてみましょう

今まで、ジュースや缶コーヒー(砂糖有)の飲料を多く飲まれていた方は、抵抗がなければ緑茶に切り替えてみてください。

私たちの身近にある飲料は砂糖が多く含まれていることが多いですから、少し注意して摂取量を減らすだけでも、糖尿病予防へと繋がりますよ。

運動を同時に取り入れる

ある研究結果では、緑茶と摂取することとともに運動を取り上げることで、より高い効果を発揮することがわかっています。

糖尿病の原因として、運動不足も大いにあげられます。

今の現代日本は、交通の便が非常に良くなり、私たちの運動能力が低下していく傾向にあることが事実です。

そうならないためにも、軽度で構いませんのでウォーキングなどを一日のサイクルの中に取り入れてみましょう。

今まで徒歩で行かなかった場所、また、行けるけど公共の交通機関などを利用されていた方は、時間が許す限り、それを徒歩に切り替えてみるなどすると効果的ですよ。

 

まとめ

このように、糖尿病になる原因は私たちの生活習慣に大きく影響していることがわかりました。

もちろん、糖尿病の症状が出た際には専門の医療機関に行く必要がありますが、日々の生活の中で糖尿病を予防出来る方法もたくさんあります。

糖尿病に効果的な緑茶を積極的に摂取していくとともに、運動なども取り入れ、ストレスの少ない日常生活を目指していきましょう。