楽しい人生を送るための健康生活情報ブログ

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

自律神経失調症の治し方とは?今のストレス社会を生き抜くために

病気の種類は色々ありますが、自律神経が関わる病気もあります。

あなたはめまいが多かったり、緊張していないのにドキドキしたり、寝つきが悪かったりする症状はありませんか?

もし、そのような症状がある場合は自律神経失調症かもしれません。

自律神経失調症っていう言葉は聞いたことがあるけど、詳しい症状などは知らないという人は多くいます。

それでは、自律神経失調症の原因、症状や治し方を説明していきます。

 

f:id:master3954:20170311125421j:plain

 

自律神経失調症とはどのような病気?

自律神経失調症とは、体に悪い生活習慣やストレスの蓄積などが原因となって、自律神経のバランスが崩れ、身体に様々な不調をきたすことをいいます。

その主な症状は、めまい・頭痛や肩こり・動悸息切れ・多汗・寝つきが悪くなる・体の冷え・微熱・倦怠感や疲労感・吐き気・不安感が増したり気持ちが落ち込んだりする精神的障害など様々です。

これらの症状は自律神経が深く関係しており、自律神経のバランスが崩れることによって起こってしまいます。

そして、自律神経のバランスが崩れるということは、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできていないことをいいます。

交感神経は、頭や身体を活動的に使う日中に優位になります。

それに対して副交感神経は、夜の眠る時間に近づくにつれて優位になっていきます。

つまり、活動的になっている時は交感神経が優位になり、リラックスをしている時は副交感神経が優位になります。

この神経の切り替えが上手くいかないことで自律神経失調症になってしまいます。

 

自律神経失調症の原因とは?

自律神経の症状は人それぞれとなり、その原因も人それぞれになります。

そして、自律神経のバランスが崩れることは、身体に悪い様々なことが影響することにより起こってしまいます。

その一つが、生活習慣の乱れになります。

食事をする時間がバラバラだったり、寝る時間が不規則だと体内時計が狂ってしまい、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

そして、原因の二つ目はストレスになります。

現在社会はストレスを避けて生きることは難しくなっています。

そのため、溜まったストレスを上手に解消していくことが大切になりますが、ストレスが解消されずに蓄積されていくと自律神経のバランスが崩れやすくなります。

また、ストレスの耐性が弱い人は特に自律神経のバランスが崩れやすく、自律神経失調になりやすいといえます。

次に、自律神経失調の原因の三つ目は、適応力が低いことです。

引っ越しや就職などで周りの環境が変化すると、適応力が必要になってきます。

その適応力が弱い人は、周りの変化に適応することができず、自律神経失調症になってしまう場合があります。

原因の四つ目は、女性ホルモンの乱れになります。

女性の女性ホルモンと自律神経は関係しており、女性ホルモンのバランスが崩れると、それに合わせて自律神経のバランスも崩れてしまいます。

その女性ホルモンは、特に更年期に崩れやすいので注意が必要です。

 

自律神経失調症の治し方とは?

自律神経失調症の治し方は、その症状に合わせた治し方をする必要があります。

自律神経の整え方

ストレスなどで精神にダメージを受けていることが原因の場合は、まず、日頃の生活習慣を見直してみましょう。

夜更かしばかりしている人は、夜更かしをしないでちゃんと眠り、朝の決まった時間に起きるようにしましょう。

そして、朝起きた時に太陽の光を浴びることで体内時計をリセットすることができます。

 

f:id:master3954:20170311125502j:plain

 

また、適度な運動をすることも重要で、運動をすることによってストレスが解消されたり、自律神経を整えたりすることができます。

それと、食生活も重要で、栄養は人間が生きていく上で欠かせないものです。

栄養が偏っていると身体だけでなく自律神経にも影響しますので、栄養バランスの良い食事をとることが自律神経失調症を治すことに繋がります。

これらの他に、趣味でストレスを解消したり、マッサージやストレッチなどを行うことも自律神経を整える効果が期待できます。

辛い症状がある場合

自律神経失調症の症状があまりにも辛い場合は薬を使用しましょう。

めまいや頭痛が酷かったり、睡眠不足が続くような時は病院に行って診てもらい、薬を処方してもらいましょう。

 

f:id:master3954:20170311125539j:plain

 

そうすることによって辛い症状を緩和することができ、生活習慣を改善しやすくなります。

また、漢方薬の黄連(おうれん)や抑肝散(よくかんさん)や芍薬(しゃくやく)には、精神を安定させる効果があるので、これらの漢方薬を使用してみても良いでしょう。

これらの他にも、直接自律神経に働きかける自律神経失調症製剤などがあります。

このような薬もお医者さんと相談し、使用すると良いでしょう。

 

まとめ

自律神経失調症の苦しみは本人にしか分かりません。

そのため、周りの人からは理解されにくい病気ですが、日々の生活習慣を見直すことにより症状を軽減したり、治すことができます。

辛い症状から解放されるためにも、自律神経のバランスを整える努力をしましょう。

また、精神的に不安定で辛い場合は、カウンセリングを受けることもオススメします。

それと、自律神経失調症にならないようにすることも大切なことで、栄養バランスの良い食事をとり、規則正しい生活を送り、運動や趣味などでストレスを解消するように努めましょう。