楽しい人生を送るための健康生活情報ブログ

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

突然起こるパニック障害になりやすい人の性格とは?

精神が強く影響して起こしてしまう「パニック障害」は、突然起こるとても苦しい症状です。

時には、「もしかして死ぬのではないか」と思うほど苦しい呼吸困難に陥る場合もあります。

そのパニック障害の原因として、性格が挙げられます。

性格によってパニック障害になりやすい人となりにくい人に分けられるのです。

ここでは、そのパニック障害になりやすい人の性格などを詳しく説明していきます。

 

f:id:master3954:20170204165301j:plain

 

パニック障害とは

パニック障害とは、突然強い不安に襲われることにより、その発作を繰り返す病気になります。

その発作とは、激しい動機や息切れ、震えやめまい、汗を多くかいたり脈が異常に上がったりすることになります。

この発作は「パニック発作」とも呼ばれていて、短くて10分程度、長くて1時間くらいで治まります。

初めてパニック発作を起こした人は、死を感じることもあることから、救急車を呼び病院に運ばれていくこともあります。

しかし、病院で色々検査しても異常は見つかりません。

そのため、気持ちの問題と思わることもあります。

そのように、色々検査しても異常が見つからず原因が分からないので、そのことで悩んでしまうこともパニック障害の特徴になります。

 

パニック障害の症状

パニック障害の症状は先程説明した通りで、精神が不安定になることにより発症します。

パニック障害を発症する原因は、脳内の神経伝達物質のノルアドレナリンセロトニンのバランスが乱れることだといわれています。

パニック障害になる人の共通している部分は、精神に不安などの強いストレスを受けた時に起こることです。

そのため、パニック障害の方は、気持ちが弱いと思われがちですが、全てそのことで起こっているとは一概には言えません。

それは、遺伝によるものもあるといわれているためです。

しかし、パニック障害にないやすい人となりにくい人は、主に性格で分けられることができます。

 

パニック障害になりやすい人の性格

突然起きるパニック障害は、その名の通りパニックになることにより、死を予感させるほどの動悸や息切れやめまいなどが起きます。

それは決して他人には分からない苦しみです。

そのようなパニック障害になりやすい人に共通している性格があります。

その性格を説明していきます。

手を抜こうとしない完璧主義な性格

何事も手を抜かず完璧にこなそうとしている人は、パニック障害になりやすいといえます。

その結果、精神的にも体力的にも参ってしまいます。

そのように手を抜くことが嫌いで、何事も完璧にやろうとしている人は、とても大きなストレスを受けてしまいます。

そのことにより、いっぱいいっぱいになってしまい、パニック障害が起きてしまうことがあります。

そのため、そのような人は、何をするにも全力でやろうとせずに、少しは手を抜くことを覚えることが大切です。

自分の気持ちを表に出さない性格

自分の言いたいことを言えなかったり、理不尽なことを言われても我慢するような人は、パニック障害になりやすいといえます。

自分の気持ちをあまり表に出さないで、自分の中で処理しようとするので、ストレスが溜まってしまいます。

そして、ストレスが溜まり爆発することで、パニック障害になってしまうことがあります。

また、逆に外交的で積極的で他人に自分の意見を押し付けるような性格の人も、周りから避けられるため、それがストレスとなってパニック障害になってしまうことがあります。

一途な性格

夢や目標のためなら脇目も振らずに突き進む性格の人は、パニック障害になってしまう可能性があります。

人間は、夢や目標を持つことにより生きるモチベーションを上げることができます。

 

f:id:master3954:20170204165350j:plain

 

しかし、その夢や目標に向かって毎日一生懸命努力する人と、適当に努力する人がいます。

夢や目標を達成するには、毎日一生懸命努力することは必要です。

しかし、世の中には、どんなに頑張ってもなかなか結果が出ないこともあります。

そしてここは人生の分かれ道ともなります。

その時に挫折し諦めてしまう人がいれば、諦めずに努力を続けて、夢や目標を達成する人もいます。

挫折をして諦めてしまう人は、いままで突っ走ってきた影響で、力がガックリと抜け、生きる意味が分からなくなり、パニック障害になってしまう人もいます。

物事を悪いほうに考えがちな性格

物事を悪いほう悪いほうに考える性格の人はパニック障害になりやすいといえます。

そのため、失敗ばかりして「自分はダメな人間だ」と思う人や、人間関係がうまくいかないことから、自分の殻に閉じこもってしまう人などは要注意です。

このように酷く落ち込んだり、将来のことに強い不安を感じる性格の人は、もう少し物事を前向きに考えると良いでしょう。

 

まとめ

パニック障害は、精神が深く関係している部分もあるので、過去のトラウマなどにより起こってしまうこともあります。

そんなパニック障害には内向的な人がなりやすいことから、優柔不断な人もパニック障害になりやすいともいえます。

しかし、内向的な人は、物事に対して良く考えることができ、慎重さがあり、集中力があるなど、たくさん良いところがあります。

そのため、内向的だからといって悲観する必要はありません。

そして、そのような人は、あまり深く考えすぎないことが、パニック障害の予防になります。