読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい人生を送るための健康生活情報ブログ

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

ノロウイルスは潜伏期間にうつるの?感染しないための予防法とは

毎年、冬場になると猛威を振るうノロウイルス。

ニュースなどでも「集団感染して学校等が閉鎖になった」などという話を耳にしたことがあるかと思います。

家族の中でひとりでも感染すると、瞬く間に感染することも珍しくありません。

そうならないために、正しい知識と予防法をマスターしましょう。

 

f:id:master3954:20170105105413j:plain

 

ノロウイルスの症状

ノロウイルスに感染すると、基本的には、下痢、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛、の症状が表れます。

軽症の場合は、数日で治まりますが、重症化した場合は、脱水症状が起こり入院が必要になる場合があるので注意が必要です。

 

ノロウイルスの感染力

ノロウイルスの感染力は非常に強く、10~100個程度のウイルスで感染するといわれています。

例えば、インフルエンザが約100万個のウイルスで感染するといわれてますので、インフルエンザウイルスに比べても非常に感染力が強いといえます。

 

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスに汚染された食品を食べることによって感染

ノロウイルスに汚染された二枚貝や牡蠣(かき)等を不十分な加熱調理によって食べることによって感染する場合。

または、汚染された水道水や井戸水を飲むことによって感染する場合。 

 

f:id:master3954:20170105105641j:plain

 

ノロウイルスに汚染された物を触る(接触する)ことによって感染

ノロウイルスに汚染された物品や嘔吐物等を触ることにより感染する場合。

汚物や嘔吐物による飛沫感染

ノロウイルス感染者による汚物や嘔吐物が、処理不十分により乾燥して空気中に舞っているウイルスを吸って感染する場合。

 

ノロウイルスは潜伏期間にうつるの?

ノロウイルスの潜伏期間は、感染してから約1日~2日といわれ、その後症状を発症します。

では潜伏期間にうつるのかというと、可能性は十分にあというのが答えです。

ただし、発症後に比べると感染率はかなり低くなります。

ノロウイルスの場合、基本的に人から人への飛沫感染よりも、汚染された物を食べたり接触したりして感染することが多いためです。

とは言っても、子供やお年寄り、免疫力が低下している場合はもちろん注意が必要になります。

 

ノロウイルスに感染しないためには

まずは手洗いを心がけよう

外出から戻ったときやトイレの後は、手に細菌が付きやすいのでこまめな手洗いが大切です。

指先や指と指の間などをていねいに洗いましょう。

手洗い後は、消毒用アルコールを付けるとなお良いでしょう。

 

f:id:master3954:20170105105816j:plain

 

食品には十分な加熱処理を

ノロウイルスによる感染を防ぐためには、生食はできるだけ避けて食品の中心部まで十分に加熱することが重要です。

目安は、85℃~90℃で90秒以上、食品の中心部を加熱することです。

これによって食品の中心部まで十分に火が通り、感染を予防することができます。

衛生管理の徹底

調理器具や調理台は、消毒して常に清潔にしておくことが大切です。

使用したまな板や包丁などは、すぐに洗いましょう。

加熱できるものは、熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱がとても有効です。

スイッチやドアノブ、トイレの便座、日用品等の人が触りやすい部分をよく消毒することです。

特に、トイレの便座は感染率が増加傾向にありますので常に清潔にしておきましょう。

 

f:id:master3954:20170105105855j:plain

 

人からの感染を防ぐ

集団生活の中で、ノロウイルスが発生した場合に伴う感染者からの二次感染を防ぐために、便や嘔吐物を速やかに処理します。

嘔吐物等は、ウイルスが飛び散らないように静かにペーパータオルなどでふき取って、ビニール袋に密閉してすぐに廃棄しましょう。

 

まとめ

現在、ノロウイルスに効く特効薬はありません。

ですから、手洗いなどを十分に行い感染を予防することが重要です。

正しい知識をもって、予防に努めましょう。