楽しい人生を送るための健康生活情報ブログ

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

ショック!中性脂肪が高くなった原因を探る

「今年の健康診断では、中性脂肪の数値が上がっていたなぁ・・・」とため息をついている方、いらっしゃいませんか?

生活習慣病になる要因の一つとして、「中性脂肪」というワードは必ず出てきますので、数値が高いと気になりますよね。

それでは、恐ろしい生活習慣病の引き金にもなる中性脂肪について、探ってみましょう。

 

―中性脂肪とはそもそも何か―

中性脂肪とは、名前の通り脂質の一種ですが、人の体を動かすエネルギー源です。

食事で摂ったエネルギーが、消化しきれずに余って体内に溜まったものを中性脂肪と呼んでいます。

ですので、中性脂肪の高い人はほとんど肥満体型と言われています。

 

f:id:master3954:20161112124910j:plain

 

―中性脂肪が高い原因として、次のようなことが挙げられます―

①食生活の乱れ

まず食生活についてですが、食べ過ぎや好き嫌いが激しく偏食の方は中性脂肪が高くなりがちです。

中でも脂質や糖質の多い食品をたくさん食べると、中性脂肪が高くなります。

中性脂肪の多い人の原因のほとんどが、日ごろの食事の内容・摂り方にあると言ってもいいでしょう。

食べ過ぎることによって、余った糖質や脂質が中性脂肪となり体内にたまっていくのです。

中性脂肪を高くしてしまう食品は・・・

脂質の多い食品≫牛肉・乳製品・ナッツ・アンコウの肝やフォアグラなど

糖質の多い食品≫清涼飲料水・お菓子など

生クリームたっぷりのケーキなど、スイーツが大好き!という方はご注意を。

 

f:id:master3954:20161112124943j:plain

 

②過度の飲酒

次に、過度の飲酒という事も原因のひとつに挙げられます。

やはりアルコールの摂り過ぎはよくありません。

中性脂肪を分解するには酵素の働きが必要なのですが、実はアルコールは酵素の働きを低下させてしまうのです。

その結果、中性脂肪を高くしてしまうことになります。

ですので、大量のお酒を飲むという事は、中性脂肪を高くする事につながるのです。

ほどほどの飲酒は良いと言われていますが、飲み過ぎにはくれぐれも注意が必要です。

 

f:id:master3954:20161112125113j:plain

 

③運動不足

最後に運動不足です。

ふだん人は食べ物からエネルギーを蓄えます。

そのエネルギーを運動によって消費しますが、食べ過ぎや運動不足になると余ったエネルギーが中性脂肪となり、体内に蓄積されることによって中性脂肪が高くなるのです。

 

―高くなった中性脂肪によって引き起こされる病気の数々―

様々な原因によって中性脂肪は高くなるのですが、そのまま放置するとどのような結果になるのでしょうか。

中性脂肪が高くなるということは、余ったエネルギーが皮下脂肪になったり、肝臓に溜まっていくということです。

中性脂肪がたまっていくと脂質異常症やメタボリックシンドローム、肥満等の病気に繋がっていきます。


脂質異常症・・・「脂質異常症」という病気は、以前「高脂血症」と呼ばれていた病気です。

脂質異常症は、血液の中の中性脂肪やコレステロールの量が過剰な状態になることです。

具体的数値としては、中性脂肪の値が150mg/dl以上になると、脂質異常症と診断されます。


脂肪肝・・・それ以外にも、中性脂肪が高いと、中性脂肪の量をコントロールする肝臓に負担が掛かり肝機能が低下します。

それによって、脂肪肝になる恐れも出てきます。

肝臓に中性脂肪がたまる脂肪肝は、放置したままにすると肝硬変や肝炎に進行する場合があり、自覚症状が無いため発見が遅れがちな病気です。


また他には、肝臓だけでなく血管の病気の要因にも数えられます。

例えば、動脈硬化や脳卒中などです。


中性脂肪が高いと、血液の中の悪玉コレステロールが増え、血液がドロドロになります。

その結果、血管が固くなる動脈硬化の症状を速めると言われています。

これらの脂質異常症や動脈硬化といった病気は、痛みや息切れなどの自覚症状がほとんどありません。

そのため脂肪肝同様、症状が進んでいる事に気付くのが遅れてしまうという怖さがあります。

このような、様々な病気にならないためにも中性脂肪を高くしないポイントをまとめてみました。

 

―中性脂肪を高くしないための3つのポイント―

①飲み過ぎ・食べ過ぎに注意すること

②脂質・糖質が多い食品を控え目にした食事を摂ること

③適度な運動をして、エネルギーを消費すること

一日3度の食事内容を見直すことは、初めは大変かもしれません。

たとえば、お茶碗のサイズを一回り小さくする、揚げ物は週に○回と決める、なるべくかむ回数を増やすように歯ごたえのあるおかずを食べるなど、小さなところから見直してしていくと、無理なく改善できると思います。

運動についても、日ごろ運動しない人が、急に運動と言われてもなかなか難しいところがありますよね。

初めから高い目標を掲げるのではなく、手軽にできるウォーキングなどから始めてみるのはいかがですか?

 

f:id:master3954:20161112131307j:plain

 

お近くにプールがあれば、水中で歩くことも有酸素運動の一つとしておススメです。

この3つが重要なポイントになります。

 

―まとめ―

病気になってから初めて健康のありがたさが分かると言われていますね。

でも、病気になる前から3つのポイントを意識して生活していくことが、これから先の健康な暮らしへの近道です。

もし、中性脂肪が高いということであれば、ぜひ生活習慣を変える勇気を持ってください。

いつまでもお元気に過ごせる日々の、お役にたてればと思います。