楽しい人生を送るための健康生活情報ブログ

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

コーヒーに健康維持のための効果はあるのか?

コーヒーは嗜好品として、人々に愛され、親しまれている飲み物です。

最近では、コーヒーはおいしいだけでなく、健康によいということが分かってきました。

健康によいと言われる理由は、病気の予防効果があるからです。

現代では、食生活の変化によって生活習慣病にかかる人が多くなっていますが、コー

ヒーは、その生活習慣病である糖尿病、そして、動脈硬化を予防することが分かってき

たのです。

 

糖尿病の予防効果

まず、糖尿病への予防効果についてご紹介します。

そもそも糖尿病とはどんな病気でしょうか?

糖尿病とは、血糖を下げるホルモンの働きが悪くなり、血糖値のコントロールが悪くなることが原因で起こる病気です。

糖尿病には、先天的な1型糖尿病と後天的な2型糖尿病があるのですが、生活習慣病としての糖尿病は後者です。

症状として、多飲、多尿、口渇など様々な症状が起こり、さらに悪化すると目が見えなくなったり、足の感覚が失われることがあります。

コーヒーは、食後の血糖値が急激な上昇を抑えることで糖尿病を予防する効果があると言われています。

そして、日常的にコーヒーを飲んでいる人は、糖尿病にかかるリスクが下がると研究によって明らかにされたのです。

1~2杯のコーヒーを日々飲むだけでリスクを下げる効果があるため、多量のコーヒーを飲まないといけないわけではありませんが、食後にコーヒーを楽しむだけで糖尿病予防になるのです。

 

動脈硬化の予防効果

もう1つは、動脈硬化の予防効果です。

まず、動脈硬化とは血管の壁が硬くなることです。

その原因には、悪玉コレステロールが酸化して大きくなり血栓を形成することが1つの原因とされていますが、コーヒーは悪玉コレステロールの酸化を防ぐ効果があるのです。

その効果は、コーヒーに含まれるポリフェノールのおかげです。

ポリフェノールは抗酸化物質として、悪玉コレステロールの酸化を防いでくれるのです。

体の酸化はいろんな病気の原因といわれていますが、コーヒーを飲むことで酸化を防ぐことができるのです。

また、コーヒーの優れている点は、ポリフェノールを含む量にあります。

チョコレートやワインなど、他にも抗酸化物質は含まれているものはたくさんありますが、コーヒーは他に比べて多くのポリフェノールを含んでいるのです。

例えば、緑茶と比較すると、コーヒーは約2倍の量を含んでいます。

 

f:id:master3954:20160820165627j:plain

 

まとめ

以上のように、コーヒーには病気を予防する効果があります。

香り、味といった魅力だけでなく、健康にいい影響を与えてくれるのです。

つまり、普段からコーヒーを飲まれている人は、知らず知らずのうちに健康維持をしているともいえるでしょう。

今までコーヒーをあまり飲んでいなくても、健康のためにコーヒーを試してみるのもいいかもしれませんね。