読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しい人生を送るための健康生活情報ブログ

健康な生活を維持するために必要なこと、必要な情報をお届けいたします。

夏バテを予防する栄養素とは

夏の暑い時期になると多くなるのが、夏バテでやる気や活力が低下してしまう現象です。

食欲が落ちて食事をまともに摂らなくなり、それが原因で体がだるくなって一日中何もせずに過ごしてしまう方も少なくないはずです。

夏バテの症状は初期症状から連鎖的に悪化して、最終的に何もできなくなるような状態までになることもあります。

そこで、今回ご紹介するのは夏バテを予防するために必要な栄養素についてです。

しっかりと栄養を摂ることで、暑い夏を乗り越えましょう。

 

夏バテとは

夏バテとは、日本のような高温多湿の環境下で長時間生活していると体がこの気候に対応できなくなり、その結果食欲の減退やだるさなどを引き起こしてしまうものです。

夏の時期に体が不調になったら、それを夏バテと呼んでいます。

現代では空調設備が充実し、その結果外と建物の中との温度差が大きくなってしまい、体がさらに衰弱してしまうという現象も起きています。

夏バテの初期症状としては、食欲不振や朝起きられなくなるというのから始まり徐々に、活動意欲が低下していき最終的には一日中何もできない状態にまでなることもあります。

そこで、夏バテの一番の予防法としてご紹介するのが栄養の摂取です。

食事をきちんととることで、体の体力をしっかりとつけ夏バテに打ち勝つ体を作るのです。

 

夏バテ予防に効果的な栄養素

夏バテの予防に必須なのは、たんぱく、ビタミン、ミネラルといったものをバランスよく日常の食事から摂取することです。

特に、ビタミンは体の疲れを取る効果や、体力をつけてくれるため積極的に摂取することが望まれています。

レモンなどの柑橘類に含まれているクエン酸なども夏バテに効果的です。

 

f:id:master3954:20160814122259j:plain


また、豆類や肉などに多く含まれるたんぱく質は体を維持するためにも大変重要な栄養素のため不足しがちな夏場にはぜひとも意識して摂取してほしいものです。

基本的には、バランスの良い食事が望まれるのですが気にするポイントは一つ。

1日に2回は温かい食べ物を食べることです。

夏バテになる前は食欲が低下し、食事を抜いてしまったりそばや冷麺など冷たいものばかりを取りがちになります。

しかし、基本的に体に必要な栄養素は温かい料理からの方が多く摂れるので、積極的に食べるようにしましょう。

消化器系にも温かいものの方が良いとも言われています。

 

まとめ

栄養はバランスよく摂取し、特にビタミンやたんぱく質を取るように心がけましょう。

また1日2回は温かい食事をすることも重要です。